四季折々✿想いのままに

台風21号の爪痕と防災訓練

2018/09/09 13:00 くらし

わが家はお陰さまで被害がありませんでしたが

あっても全然おかしくない状況でした。

https://cookpad.com/diary/2886098

近所でもブルーシートかけてるお宅が何軒あります。

仕事関係でも屋根が飛んだ、シャッターが壊れたも複数耳にしました。

ところが修理は来年になるかもしれないのだそう。

どうにかならないのかと複雑な思いでいます。

ここはどこ?

目を疑う光景に絶句。なんどもなんども通っている公園。

聞いてはいたけど ここまで酷いとは。まるで密林。

今まで意識していなかったけど、そこここの風景のなかの木々の位置でも

場所を認識していたのだと知る。


 場所、方角が一瞬わからなくなる。

 涙が出そうになった。

 緊急を要するところは少しは片づけられているけど

 普段通っている場所のあちこちが立ち入り禁止に。

 すでに植わっていた痕跡がない!?

 こんな大木さえもが。




 愕然とする光景にも鳥たちが渡ってきていると聞きます。

 想像を絶する風雨。

 関西国際空港しかり、南の一部の地域はいまだに停電していて

 復旧の目途が立っていないとか。

 一日も早く心穏やかな日々が戻りますように。

 

 発達中の台風22号の進路が気がかりです。

 来ないでと叫びたい!

 豪雨災害、台風、地震の被害が拡大しないよう祈るばかりです。


地域の防災訓練に参加


先ずは 無事の目印黄色いリボンを

ドアに結んでから。


でも、訓練の時だけ配られてるような・・・

普段から周知しておかないと。





以前にも心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方は

学んだことがあるものの、地域訓練には初めて。

救護班のボランティア講習にも誘っていただき、

三角巾や身近にあるものを利用しての傷の固定の実習、対処法、

心得などを学びました。


「ケガの被覆方法」など検索すると詳しくありますがやってみることが一番!


 引き続き講堂で

 心肺蘇生法やAEDの使い方の講習

 「自助、共助、近助、公助」でみんなで街を守りましょう!と。


 いざという時にはAEDはだれでも使えるようになっているので

   慌てず音声に沿って行えばいいということですが、

   必要な時に躊躇うことなく行動に移すためには

 定期的にこういう機会に参加しておくほうがいいかなと。

 普段から設置場所を知ることも大事ですね。


 財団全国AEDマップ
 https://www.qqzaidanmap.jp/


 本日「救急の日」! 

 因んだイベントに参加された方もいらっしゃるかな。

 そうでない方は機会を見つけてぜひ!



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください